「なーんだ、つまらんのう。
ちぇっ、ちぇっ・・・」
招き猫のお代官様に「山吹色のお菓子」を献上
「うれしーなーったら、うれしーなー、はらほれりろ〜」
ゴォ〜ロゴロゴロ・・・・・・
「ややっ、風呂敷からマタタビがっ!」
「ほほう、山吹色の鰹節とな?化猫屋、おぬしもワ・・・」
「菓子だと。おぬし、わざわざこのわしに、単なる菓子を持参いたしたと申すか!」
「あのーお代官様、先ほどのセリフの続きを・・・うーむ、こりゃまさしく猫に小判・・・」
「わーい、うれしいなー、うれしーなー。ゴォ〜ロゴロゴロ・・・・・・
「ふむ、風呂敷に仕掛とな。
ふんふん、言われてみれば、
なにやらかぐわしい・・・」
「いえいえ、それは鰹節ではなく、山吹色のお菓子でございます」
「なんと、それはまことか」
「はっ、いえその・・・箱の中は確かにお菓子ではございますが、実は風呂敷に少々かぐわしい仕掛がございまして・・・」